ブログ

親知らず抜きました。

こんにちは!脇田です。

なんと先日、十数年間悩まされていた親知らずを抜いてきました!

 

親知らずは、「歯ブラシが届きにくく虫歯になりやすい」とよく言われて

いるようですが、モレることなく私の親知らずも虫歯になっておりまして、

ときおり痛み出しては、悩まされていました。

 

自分からみて左側の下顎に生えていた親知らず。

 

横向き&隣の歯の下にひっかかるように存在しており、

とても難しい生え方をしていたらしいです。

親知らず ←こんなかんじ。

 

なので、以前通っていた歯科医院では、

「この歯は生え方が難しく、歯茎を切開したり歯を砕いたりしないと

抜けないので、ウチでは出来ません。抜歯の際は大学病院を紹介しますねー。

まぁ、ちょっとした手術みたいなものですよ。」

と言われていました。

 

歯を抜いたことのない私は、大学病院」「難しい」「切開」「手術」などという

単語にそれはそれは恐怖を感じ、そこでは出来ないことをいいことに治療を

先延ばしにしていました。

 

しかし、出産のつわり時にさらに虫歯が悪化し、

(歯ブラシを口にするのを想像しただけで吐けました。。。)

隣の奥歯にまで進行してしまったらしく、、、(泣)

そこが痛み出したのがきっかけで歯医者に行き、抜くことになりました。

 

新居に引っ越したあとだったので、近くの違う歯科医院に

行ったのですが、、、

 

なんとそこの歯医者さん!

 

「奥歯の治療のついでに、親知らず抜いちゃいましょうか~。」

 

と、一言。

 

!!!!!?マジで??

 

さすがにそのまま引っこ抜く覚悟は出来ず、翌週に持ち越したわけですが。

前夜は緊張のあまりなかなか眠れず。

当日は、椅子の上で固まってしまいました。。。(汗)

 

麻酔をして、ややしばらく放置。

 

「はい、いきますよ~」の掛け声とともにグイッとされて、、、

 

カッラーン!  (抜いた歯を金属製のトレイに置く音)

 

本当に一瞬でした。。。

 

ガーゼを噛まされ、やや放置。

かるーくゆすいで、ハイ!終わり。

 

私 「すごい大変な生え方で、大学病院じゃないと出来ないって

言われたんですけど・・・。」

 

先生 「『技術』ですよ(笑)。」

 

これはもうきっと、 『職人技』 なんですよね。

いったい何人の親知らずを抜いたら習得できるのか。。。

 

そして、何年この親知らずに悩まされてきたのか!!

 

 

家造りでも『技術』って、とっても大切。

頼んだら、ポン!と出来上がるものではなく、

基礎工事、木工事、屋根工事、外壁工事、設備工事、電気工事、塗装、タイル、

防蟻、防水、板金、左官、内装、建具、畳、、、etc.

 

数え上げたらきりがないくらいの工程をとおして、

何十人もの技術をもった職人さんの手によって作り上げられる『家』

 

もちろん、建てる側は莫大な借金と命(高額な生命保険)をかけて

家造りをするわけですから、良い『技術』を持った良い職人さんに

良い家を建ててもらいたいわけです。

 

ウチも目がくらむほどの借金しましたし。(笑)

 

アイエスホームでは、より一層良い家造りが出来るよう、

社員はもちろん、職人さんも定期的に講習会」マナー研修」

「現場視察研修会」などに参加しております!

 

 

・・・と、だいぶ親知らずから話がそれてしまいましたが、

抜歯による恐怖と寝不足で精神的にやられてしまっていた私は

ご飯を作る気力もなく、「レトルトの雑炊でも~」とドラックストアに。。。

 

そこには、「離乳食」と並んで「介護食」の大きな文字が!

(今はユニバーサルデザインフードと言うのでしょうか。)

 

雑炊はもちろんのこと、肉じゃが、すき焼き、ハンバーグ、グラタン、

ちゃんぽんうどんから、、、なんと、牛肉の赤ワイン煮まで!!

 

それはそれはおいしそうなパッケージの写真に、

こんなに沢山あるものかとビックリさせられました!

 

今回は、鳥ごぼうのおじやを買って食べてみたのですが、

結構しっかり味が付いていておいしかったです。

 

食

食2

 

「かたさ」「粘土」も段階(区分)によっていろいろあるみたいですね。

 

年をとったときはもちろん、妊娠やぎっくり腰(年に1回はやります)、

今回のように抜歯したときなど、、、

「動けない」「食べれない」状態になって、改めてありがたみを感じる

 

ユニバーサルデザイン。

 

もっと自然に広がっていって欲しいですね。

各種お問い合わせ・ご相談